介護

腎臓病の食事は大変|宅配サービスがあるから安心

たんぱく質と塩分に注意

女性

腎臓病の人は食事に気を付けることが大切で、特にタンパク質と塩分の量に注意を払うようにします。たんぱく質の量を均等に減らせない時は、朝食で多く減らします。塩分が少なくて食事が味気ないときは、酢やレモン、ゆずなどで味を付けます。

詳しく見る

摂らない方がいい食材とは

介護

腎臓病には、塩分とたんぱく質の摂りすぎが良くありません。そのため日ごろの食事の工夫が必要になりますが、工夫すれば美味しく食事することが可能です。どのようなものがいいのか勉強しながら、食事を楽しみましょう。

詳しく見る

腎臓に大切な療法

和食

食塩を控えるのが基本

腎臓病の治療に大変重要な役割を担うのは食事療法です。体調を良好に保ち、腎臓病の進行を遅らせたりと、食事によって改善されることはたくさんあるからです。食事療法は毎日続けることなので、飽きないためにも献立に工夫をしましょう。腎臓病は症状によっても制限が変わりますが、塩分摂取を控えることは正しい食事療法に必須です。たんぱく質を摂り過ぎない、エネルギーの十分な補給、塩分水分の制限などを考え栄養成分量に合わせた食事を心がけましょう。必要な栄養素をバランスよく摂ることによって日常生活を元気にし、腎臓病と向き合う体力をつけることが肝心です。主治医や管理栄養士などに指導を受けたり、自分で調理するのが難しい場合は宅配サービスなどを利用するのも方法のひとつです。

病食にも彩を

腎臓病になるとたんぱく質から発生した毒素を尿で排泄する働きが弱まるため、たんぱく質制限が必要になってきます。そのため、不足しがちなエネルギーをご飯やパンや芋類などから十分に取り入れなければなりません。塩分やたんぱく質が制限されたからといって、食事が味気ないものにならないようにしましょう。出汁を利かせたり、緑黄色野菜などできれいに彩ったりと病食の中にも楽しみを作ることが必要です。家族と同じ献立でも味付けに一工夫することで、同じものが食べられるようにするのも良いでしょう。茹でることでカリウムを抑えたり、その分揚げ物にしてエネルギーを加えたりと調理法の工夫も大切です。無理のないように長期間持続できる方法で、腎臓病をコントロールしてゆきましょう。

宅配やレトルトを活用

婦人

腎臓病にかかると、塩分やタンパク質、場合によりカリウムの摂取に制限がかかります。それでいてカロリーはしっかり摂らなければならないため、食事メニューを考えることが負担となるでしょう。宅配サービスやレトルト食品を利用すれば、これらの問題は解決できます。レトルトであれば、コストを抑えることも可能です。

詳しく見る